SM・イメプ・マニア
テレクラ ツーショットダイヤル

電話でのSMプレイやイメージプレイ一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、実は一日50人以上の男性が「マニアックな」テレフォンセックス番組に新規登録しています。
※ツーショットダイヤル業界最大手マックスグループツーショットダイヤルMAXや出会い系サイトPCMAX等当サイトで紹介している番組を運営している。2017年調べ。普通のテレフォンセックスを含めると数え切れません
この数字が多いと感じるか少ないと感じるかは別にして、10年以上存在し続けているのはサービスの質が高いからに他なりません。
テレクラ店舗も同様にSM愛好家が自分らしく居られる場所として愛されています。

SM・イメプのエクスタシークラブ

SM・イメプのエクスタシークラブ

エクスタシークラブは業界最大手の指名制電話SM倶楽部で、SM愛好家やイメージプレイヤーの方々に最も愛されているテレフォンセックスダイヤルと言っても過言ではありません。
サービスの質の高さも恐らく業界随一で、エクスタシークラブを知ると他のSM系ツーショットダイヤルは利用できないとの声も。

サイトジャンル ツーショットダイヤル
繋がる相手 SM・イメプ愛好家の女性
対応端末 スマホ・ケータイ・固定電話

SMバレンタインコール

SMバレンタインコール

六本木で流行したテレクラバレンタインコールのSM回線を引き継いだ由緒正しきツーショットダイヤル。
エクスタシークラブと違いツーショットコーナーがあるので、熟練すると「どんな女性と繋がるかわからないドキドキ感」をSMプレイに昇華させる事ができます。

サイトジャンル ツーショットダイヤル
繋がる相手 関東のSM愛好家女性
対応端末 スマホ・ケータイ・固定電話

名人倶楽部

テレフォンセックス名人倶楽部

名人倶楽部は完全指名制のマニア向けテレフォンセックスダイヤルで、大小ありながらもタブーとされがちな快楽に傾向した女性とのマニアックなプレイが楽しめます。
SM、スカトロ、アナル、近親相姦、ウェット&メッシー(ゲロ嘔吐系)、自傷プレイ等のフェチ系を自覚している方、または興味がある方にお勧めします。

サイトジャンル ツーショットダイヤル
繋がる相手 フェチ・マニア女性
対応端末 スマホ・ケータイ・固定電話

mgi(エムジーアイ)

テレクラサイトmgi(エムジーアイ)

mgiは総合テレクラサイトなので、普通のツーショットダイヤルの他にSM系番組も利用できるので、ツーショットダイヤルの利用が誰かにばれる可能性がある方はmgiを利用しましょう。変態系番組を利用している事がバレて一発で人間関係が終了する事件も、mgiであれば素人と話したいという一般成人男性的な欲求でサイトを利用しているとカモフラージュできるので誤れば済む出来事になります。

サイトジャンル テレクラサイト
使える番組 エクスタシークラブなど
対応端末 パソコン・スマホ・ケータイ

テレホンクラブ ベルタイム

テレクラベルタイム

大阪は十三に、SM愛好家やデブ・マニア・変態系の女性に愛されて20年以上のテレクラがあります。ベルタイムはテレクラ店舗にSMショップも併設しているのでアポが取れたら買い物してから行くのも良いですね。

サイトジャンル テレクラ店舗
繋がる相手 大阪の熟女やデブ・マニア

ベルタイム十三店は2018年4月22日に閉店。

SMの概念と
電話でのSMプレイ

SMという概念が必ずしも性的である必要が無いことや、サドやマゾという概念は絶対的なものではなく相対的なものであるという事は、SMを愛する皆様は既にご存知かと思います。
むしろ世の中に溢れている表面だけのファッションSMを見ると反吐が出てそれを与えたり貰ったりしたくなっているかと思います。
そして、このようにSMほど古典的形式美を大切にした概念が現代に受け継がれていることに驚いていることでしょう。

これはSMが「肉体に触れる事を前提に生まれる概念」ではなく「精神的な主従関係を基本とした概念」なので実は当然のことで、概念としての形は持っているものの物質としての形を持っていないSMは、時空を超えて現代に語り継がれています。

SMが時空を超えている?

時間と空間を超越した最初の発明は電話であるという説があります。
電話が「時間、場所を問わず、目的の相手とのコミュニケーションを可能にする」点がその説の源流かと思いますが、それはこのサイトで紹介しているSMツーショットダイヤルが、時空を超えてSMプレイを可能にする番組である事を示しています。


電話SMはSM感を鍛える

パートナーからの肉体的快感に頼る事ができない電話SMは精神的なSMプレイの代表で、触れる事ができない分、他の五感を研ぎ澄ませ、相手が今何をしているか、何を考えているか、何をしてほしいかを聴覚だけで感じ、さらに声に出して伝える必要があります。
慣れるまでに時間を要する人もいますが、既に歴戦のSM愛好家だったりすると初めからコツを掴み、まるで電話SM倶楽部の常連かのように振舞うそうです。これは、SMで大切なのが肉体ではなく精神である事を表現している好例と言えるでしょう。

慣れると時と場所を選ばずに調教やイメプを楽しむ事ができるので、時間に余裕がある時はお気に入りのSM倶楽部へ行き、余裕がない時や今すぐプレイしたい時は電話SM倶楽部を利用する、というSM愛好家の男性が増えているようで、電話よりもLINEやメールが主たる通信手段になった今も、エクスタシークラブの利用者は増え続けているようです。

古典的形式美を大切にするSM愛好家に、現代の主たる通信手段が何であるかなど、枝葉末節の問題かもしれませんね。

女性telアイコン
お勧めツーショットダイヤル

今すぐ繋がる電話!!

無料ポイント最大4000円!!

初回最大4000円分無料!