コストパフォーマンス

コスパ

ツーショットダイヤルのコスパ

何となく誰かと話したい時に電話をすれば、すぐに女性と繋がってコミュニケーション欲求を満たしてくれる。
ツーショットダイヤルというサービスは、無店舗型電話異性紹介営業というだけあって「男女が電話で話す場を提供する」事については他サービスの追随を許さない速さで提供しています。

女性と即会ってエッチしたい、と思っている男性ユーザーが多いことは事実ですが、女性は会話を楽しみたいだけの場合も多く、むしろ話もそこそこにエッチだけしたいなんて女性はあまりいないでしょう。
何か嫌な事や悲しい事があって(親、彼氏、旦那と喧嘩、別れ、死別など)自暴自棄になってとにかく誰かに抱かれたい女性はたまにいるかもしれませんが、昔から女性はコンテンツの利用が無料でリスクがないので、基本的には寂しい時に気軽に電話してきます。

お金はかかりますが、テレクラやツーショットダイヤルを利用している女性は寂しい時に誰かと話したい気持ちがわかるので、話に付き合ってくれる場合がすごく多いのも事実…では寂しさを紛らわすためにテレクラやツーショットダイヤルを利用するのは高いのか、安いのか、他の「寂しさを癒すサービス」と比較して、まじめに説明してみましょう。

カウンセリング

寂しさを癒すサービスとしてカウンセリングを行う商売人が居ますが、よくある料金は60分10,000円から。
初回無料のカウンセリングもありますが、相手は言葉の魔術師なのでうまい事言いくるめられて(カウンセリングを受ける側は言いくるめられている事に気付かない)何万円も使ってしまったり、悪質なカウンセラーに当たってしまうと奇妙なものを買わされたりするリスクがあります。

また、治療と称するカウンセリングになると通ったり継続する必要があるので「治療が終わった頃には20万円使ってた」なんて事もあります。

カウンセリングに通う場合は交通費もかかります。中々通えない場合は電話でのカウンセリングを勧められるかもしれません。
カウンセラーに心を支配されてしまわないよう気を張っていると何の癒しにもならず、何のためにこの選択をしたんだ俺は?というジレンマと戦える人は寂しさなんて吹っ飛ばせるのではないでしょうか。

キャバクラ

すぐに女性と話せて、お酒も飲めて、時間いくらの明朗会計。
地域によってかなり違いますが、料金は40分から60分で3,000円から8,000円くらいです。
他にキャバ嬢(ホステス)の飲み代とサービス料10%から40%がかかる場合が多いので、平均をとってシミュレーションすると、60分5,000円、女性が30分交代で合計2人ついて各1杯飲んで2000円、サービス料金20%だと8,400円。
これがだいたいの最低ラインで、これで寂しさが紛れるのなら、時間的にはカウンセリングより安いかもしれません。
しかしキャバクラには誘惑がいっぱいなのです。
若くてカワイイ女の子に「え〜もう帰っちゃうんですかぁ」
「ここにいていいですか(照れ)」
なんて言われてどちらも了承すると、30分延長料金2,500円と指名料2,500円、女性の飲み物1,000円が加算され、8,400円だった料金は一気に15,600円になります。

指名なんてしなきゃいいじゃん、と思うかもしれませんが、寂しさを癒しにキャバクラに行って、話をして心地良い女性がすぐに違う席に行ってしまい、身も心も気に入らない女性が代わりに席に来たら癒しどころではなく、むしろストレスになるのでお金を払ってストレスを獲得することになります。

また、キャバクラに行って連絡先を交換すると、女性からの営業電話や営業メールが来るようになります。
だいたい癒し系人気嬢はこれがものすごく巧いので、もし通う事になると同伴出勤(食事をしてから一緒にお店に行く)やアフター(お店が終わってから食事したり飲みに行ったりする)なども視野に入れる事になり、凄い勢いでお金が減りますが、嬢と一緒にいる時は寂しくないので、ある意味寂しさは癒されている状態と言えます。
ただし、貢ぐ過程で別の寂しさに目覚める可能性もあるので、素人にはお勧めできない諸刃の癒しです。

ゲイ・オカマ(本物に限る)バー

全てのゲイ・オカマは、あなたが感じている寂しさなど比較にならないくらいの寂しさを、心のどこかに宿しています。
ゲイバーやオカマバーに行って寂しさを素直に表現すれば、癒されること間違いなしです。

料金は2時間3,000円(深夜0時まではもっと安かったり)くらいのパーティプランを用意している店が多いのでお試し感覚でいけますし、尾心地が良くなって朝まで居ても10,000円もあればだいたいおつりがきます。
ノンケだと正直に言ってもきっと優しくしてくれるでしょう。

ただし、癒された段階でその世界に足を踏みこんでしまっているので、将来的には今感じている寂しさとは比にならないくらいの寂しさに苦しむ可能性もあるので注意が必要よ。

ツーショットダイヤル

やっと真打ち登場です。「でもお高いんでしょう?」なんて声が聞こえてきそうですが、ここで紹介しているツーショットダイヤル、マックスの料金は1分130円なので、5分650円です。
更に、ラッキーコードを入れればサービスポイントがもらえるので、無料で数分話せます。

寂しい時にお試しで無料で(電話の通話料金はもちろんかかりますが)知らない女性と電話で話せるのは、コストパフォーマンスとして高い部類に入るのではないでしょう。
自分に合わなかったらすぐ止められる上に費用は電話料金だけです。

女性も何らかの寂しさややるせなさを持っていなければ、テレクラやツーショットダイヤルのような良く分からない所に電話してきたりしないので、似たような者同士が会話する事になる可能性も高いでしょう。

これはカウンセラーやキャバ嬢を相手に話をするのと違う所で、寂しさを感じている人にとって、異性の理解者を得られる可能性が圧倒的に高いと言えます。
カウンセラー、キャバ嬢、ゲイ、オカマは基本的に商売だから尚の事です。

電話で意気投合すれば会う約束をしてごはんを食べたって良いでしょう。お互い好きになったらエッチな事をしても良いでしょう。
そんなに簡単にお互いの傷を舐め合える相手が見つかるほど世の中甘くないので、無料ポイントでどうこうできないと思いますが、気に入ってもっと使いたい時は初回2,000円から3,000円くらいまで自動で後払いに移行して利用できるツーショットダイヤルは基本的に自動後払いシステムを採用しており、利用するツーショット業者を間違うと面倒なことになる場合もあるので、当サイトで紹介している番組を利用して下さい。ので(入金すると限度額が増える)、気に入ったら使ってみましょう。
使った分は4日以内に銀行、クレジットカード、電子マネーのどれかで精算すれば問題ありません。

自動後払いがどうしても嫌な方は「スーパーマックス」が自動後払いにならないのでご覧ください。
そして特定の相手から営業電話が来ない上、どこかへ出かける事も無く、その場で24時間365日いつでも見知らぬ「寂しさを秘めた」女性と電話で話せるので、その存在そのものが安心感を生み、癒しになる人もいるようです。

まとめ

寂しさを癒すサービスを色々比較してみた結果、寂しい時、いつでも最速で寂しい女性と話せて後腐れが少ない、ツーショットダイヤルが優れているという結論に至りました。
全国30万人と言われる、テレクラやツーショットダイヤルの愛好家の気持ちがわかるかもしれないので、騙されたと思ってやってみましょう。

関連サイト

女性telアイコン
お勧めツーショットダイヤル

今すぐ繋がる電話!!

無料ポイント最大4000円!!

初回最大4000円分無料!