テレクラの概要・定義・コンテンツ

テレクラの概要

概要と現状

電話を媒体として男女の出会いや会話の場を提供するサービスの総称。
女性は無料で男性が時間制で料金を払う事で成り立っています。
正式名称はテレフォンクラブですが、店舗型テレクラ業界最大手「リンリンハウス」の台頭(看板の影響も強い)により、テレフォンクラブという呼称よりもテレクラという呼称が一般化したと言えます。
店舗型と無店舗型に大別され、現在の店舗型テレクラ業界最大手はリンリンハウス、無店舗型テレクラ業界最大手はマックスグループです。ツーショットダイヤルMAXや出会い系サイトPCMAXの運営業者。
店舗型テレクラ市場は全国的に縮小しておりますが、関東ではリンリンハウス、北関東ではボイスメイトが多店舗展開しています。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法・風適法)における定義

店舗型電話異性紹介営業

店舗を設けて、もっぱら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む)を希望する者に対し、会話(伝言のやり取りを含む。音声による者に限る。)の機会を提供することにより、異性を紹介する営業で、その一方の者からの電話による会話の申込みを電気通信設備を用いて、当該店舗内に立ち入らせた他の一方法の者に取次ぐことによつて営むもの

店舗型テレクラのコンテンツ

電話

女性から店舗に電話がかかってきたら個室に備え付けられた電話が鳴ります。
昔は早く取った男性のみ会話できる「早取り」というシステムでしがが、現在はフロントを介して順番に取り次ぐ店舗のほうが多く、取次型店舗なら反射神経に関係なく女性コールを受け取ることができます。
また、風営法の関係で日の出から24時までしかフロント取次の電話を受ける事ができないので、24時以降もテレクラのサービスを利用したい場合は無店舗型のシステム(ツーショットダイヤル)を利用する事になり、例えばリンリンハウスだと「リンリンカード」「スーパーリンリンカード」「スーパーマックス」といったプリペイドカードツーショットカードやテレクラカードとも呼ばれるを購入することで深夜でもテレクラサービスを利用できます。
また、個人経営店などで「テレクラ店舗にかかってきた女性からの電話を店舗を介して指定の電話番号に転送するサービス」を行っている店もあるようですが現在もあるのか定かではありません。

TV(テレビ)

テレクラという業務形態上どうしても女性コールの待ち時間がある事、またテレクラのサービスを利用せずに宿泊施設として利用する男性も多い事から、全ての個室にテレビが備え付けられている店舗がほとんどです。

PC(パソコン)

女性と繋がってからの情報収集等に使えるほか、女性コール待ち時間にPCで使える出会い系サイト、ツーショットダイヤル、ライブチャット等のサービスも利用できるので、PCスキルを持っている男性には特にありがたいですね。

DVD(ビデオ)

店舗型テレクラのほとんどはDVD試写室としての側面を強く持つ営業形態に変わりつつあるので、DVDやビデオが無いテレクラはほとんどありません。
女性からかかってくる電話は、出会い目的とテレフォンセックス目的に分かれる為、好きなAV女優のDVDを見ている時にテレフォンセックス目的の女性と電話が繋がり、流れでそのまま抜いてしまい賢者化、その後に繋がった女性に会いに行く欲求を失い、何のためにテレクラに来たのかわからなくなる男性が後を絶たないという…

シャワー

女性とアポが取れてこれから外出する男性、宿泊施設として利用する男性、オナホールで抜いた後のローション残りが嫌な男性など、シャワーは大人気ですが、無い店舗も多いので事前に確認した方が無難です。

女性telアイコン
お勧めツーショットダイヤル

今すぐ繋がる電話!!

無料ポイント最大4000円!!

初回最大4000円分無料!